ホワイトニング|小林歯科クリニック 大阪府 吹田市 豊中市 江坂駅

EPARK

〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-39 SERE ESAKA 6F

休診日水・日・祝

電話:0663308469

休診日午前診療:10:00~13:30午後診療:15:00~20:00(土曜日は18:00まで)

キービジュアル

当院では、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、歯茎のホワイトニング、神経が死んだ歯への対処を行っております。
あなたのご希望されるホワイトニングを下記からお選びください。

オフィスホワイトニング

当院では「Tion」というオフィスホワイトニングを導入しております。
このホワイトニングシステムの特徴と当院のオフィスホワイトニング体制をご紹介します。

特徴1. 治療中・治療後の「痛み」や「知覚過敏」

  • 一般的なホワイトニング

    高確率で「しみたり」「痛み」が生じる

  • Tionホワイトニング

    しみにくい痛みが抑えられる

一般のオフィスホワイトニングでは、ハロゲンランプやプラズマランプの光源と薬剤の「熱反応」で白くしていたのですが、これが直接的な痛みを生みます。
しかし、Tionホワイトニングではワンクッションとして、光触媒の薬液を塗布してからLEDライトによる「光化学反応」のため「しみる・痛む」ことは抑えられます。

また、当院では治療後の「しみる・痛み」対策として、ミネラルパック(歯質強化)を実施しておりますので、一層快適にホワイトニングを実施することができます。

特徴2. 「光沢」のある自然な白さを引き出します

  • 一般的なホワイトニング

    歯の表面をざらざらにして乱反射を起こすことで、歯を白くするため、歯の表面を荒らしてしまうという欠点がありました。

  • Tionホワイトニング

    薬剤の成分で歯の表面がツルツルになり、透明感・光沢のある自然な白さを引き出します。また、歯質が強化され、着色や汚れも付きにくくなる効果もあります。

  • 治療前
  • 治療後

価格は約2万円。ホワイトニングによる症例。リスクとして、治療中に痛みが生じることがあります。

特徴3. 治療中の「DVD鑑賞」

当院オリジナルのサービスです。
オフィスホワイトニングは、トータルで約45分程、光照射します。その間、寝られても結構ですし、治療中はお好きなDVDを鑑賞して頂けます。当院にも様々なDVDをご用意しておりますが、患者様がご持参して頂いても問題ございません。当院で人気のDVDは「ガキの使い」です(笑)。

治療の流れ

  1. 1

    当医院にて歯石の除去等を行い、お口の中をキレイに清掃します。
    ホワイトニングは、虫歯や歯周病のない状態で行う治療です。
    大きな虫歯があった場合は、ホワイトニングの薬液によって、痛みが誘発されて治療できません。歯周病があった場合は、歯茎からの出血により、血液が混じって薬液の効果が出ません。ですので1回目は口腔内診査(歯石除去&PMTC)及びカウンセリングや食事制限の説明をいたします。これにより本来の歯の色に戻ります。

    ■歯石除去&PMTC 約3,000円(お口の状態によって変動します)
    ■レントゲン 約1,200円

  2. 2

    歯を白くする薬剤を塗り、特殊な光を照射し、薬剤を除去します。
    これを1回10分の3セット繰り返します。当院では、シミ止めをかねて、施術後、ミネラルパックにて歯を強化します。1週間間隔で3回行うことで、良い結果が得られることがほとんどです。歯の表面に大きな亀裂があったり、エナメル質が薄い場合、術中の沁みが原因でホワイトニング治療をやむを得ず中止にする場合がごく稀にあります。

  3. 3

    歯の色を確認(シェードチェック)して終了です。

ホームホワイトニング

当院では、株式会社GCの「TiON(ティオン)ホームホワイトニングシステム」を採用しています。TiONには次のような特徴があります。

取り扱いやすいジェル性状
TiONのホームホワイトニング材はジェル状なので、マウストレーに注入する際流れにくく、また、温度・湿度の高い口腔内でも流れにくいので快適に扱えます。

ソフトなトレーシート
お口にはめて頂くマウスピースは、柔軟性がありソフトな材質でできているため、違和感が少なく長時間のホワイトニングも快適に行えます。

  • 治療前
  • 治療後

価格は約2万円。ホワイトニングによる症例。リスクとして、治療中に痛みが生じることがあります。

治療の流れ

  1. 1

    当医院にて歯石の除去等を行い、お口の中をキレイに清掃します。
    ホワイトニングは、虫歯や歯周病のない状態で行う治療です。
    大きな虫歯があった場合は、ホワイトニングの薬液によって、痛みが誘発されて治療できません。歯周病があった場合は、歯茎からの出血により、血液が混じって薬液の効果が出ません。ですので1回目は口腔内診査(歯石除去&PMTC)及びカウンセリングや食事制限の説明をいたします。これにより本来の歯の色に戻ります。

    ■歯石除去&PMTC 約3,000円(お口の状態によって変動します)
    ■レントゲン 約1,200円

    ホワイトニング治療

  2. 2

    歯型を採り、患者様の歯並びに合ったマウスピースを作ります。

    ホワイトニング治療

  3. 3

    そのマウスピースを一度合わせてみて、薬剤の使い方や1日の使用時間などの説明を受けて帰宅します。

    ホワイトニング治療

  4. 4

    変色の程度にもよりますが、オーバーナイトで、約2週間続けます。

    ホワイトニング治療

  5. 5

    1~2週間に一度来院して頂き、歯の状況やマウスピースが変型していないか定期的にチェックしてゆきます。

歯茎の黒ずみを除去-健康なピンク色の歯茎に・・・

喫煙される方の多くは歯茎が黒ずんでいますが、これはメラニンによるものです。
メラニンは刺激から身体を守ってくれる色素であり、喫煙者の歯茎が黒いのは、タバコの煙に含まれる刺激から守るためにメラニンがたくさん生産されることに起因しています。

上記のようなことが原因で黒ずんでしまった歯茎の色は、当院で行っている「ガミーホワイトニング治療」によって元の健康的なピンク色に近づけることができます。

  • 治療前
  • 治療後

価格は約5,000円。リスクとして、治療中に痛みが生じることがあります。

また、歯茎が黒ずむ原因は喫煙だけではなく、被せ物に使用される金属が溶け出し歯肉に沈着してしまう事でも引き起こされます。この場合は金属の被せ物を外し、金属を一切使っていないセラミック素材の被せ物を利用することになります。
詳しくは審美セラミック治療をご参照ください。

神経が死んだ歯への対処

虫歯や外傷などにより歯の神経が死んでしまうと、歯が茶褐色になります。
通常のホワイトニングではこの状態にはあまり効果がありません。
このような時にはセラミック素材の被せ物を利用した治療を施します。

  • 治療前
  • 治療後

価格は約1万円。ウォーキングブリーチによる症例。リスクは特にありません。

詳しくは審美セラミック治療をご参照ください。

コラム-歯科医院で歯を白くする方法は何種類かあります

「歯を白くする方法がいくつもあるけど、どれを選択すればいいの?」

これは患者様からよく質問されることです。

以下、ご説明します。

大きく分けて「ホワイトニング」、「審美セラミック治療」、「クリーニング」の3つの方法があります。
それぞれ「歯を白くする」効用は同じですが、治療方法・費用・特徴に違いがあります。

ホワイトニング

治療方法 薬剤を反応させて歯を白くします
費用 ¥18,000
特徴 時間が経過すると後戻りします。
稀に知覚過敏の症状が出ることがありますが、直ぐに治まります。

審美セラミック治療

治療方法 セラミックの詰め物・被せ物を利用
費用 ¥38,000~
特徴 白さは永続的に持続します。
ホワイトニングと異なり、歯を削る必要があります。

クリーニング

治療方法 特殊な機材を使って物理的に汚れを除去
費用 保険適用
特徴 本来は歯垢・歯石を落とすための治療ですが、副次的効果として、歯本来の白さに近づけることができます。

白くなる度合い

  • 低 クリーニング
  • 中 ホワイトニング
  • 高 審美セラミック治療

白さの持続期間

  • 低 クリーニング
  • 中 ホワイトニング
  • 永続的 審美セラミック治療

それぞれの違いを理解頂けたでしょうか?
審美セラミック治療、クリーニングのシステムをもっとご覧になりたい方は審美セラミック治療歯のメンテナンスをご参照ください。

ホワイトニングQ&A

ホワイトニングを行うとどのくらい白くなりますか?

個人差はありますが、1回で4段階ほど白くなるといわれています。

すぐにホワイトニング治療はできますか?

大きな虫歯があったり、歯茎が腫れていますと、ホワイトニング治療は出来ません。
大きな虫歯がある場合は治療中の痛みの原因になります。歯茎が腫れている場合は薬液に血液が混じり、十分な効果が出ません。このような症状が見受けられる場合は、改善処置を行ってからのホワイトニングとなります。

歯の黄ばみの原因は?

様々な原因があります。

①日常の飲食による黄ばみ(多い)
コーヒー・紅茶・カレー・しょうゆ、赤ワイン、ケチャップなど色素の濃いものを長年摂取することで、次第に黄ばんできます。

②加齢による黄ばみ
年齢とともにエナメル質が薄くなり透過性が高くなります。そうするとエナメル質の下にある象牙質の色が目立ってきますし、象牙質自体も加齢とともに色が濃くなっていきます。象牙質はもともと「黄色」に近い色をしているので、歯が黄色く見えてしまうことになります。

③全身疾患に由来する変色
胎児の時に、母親が服用した抗生物質(テトラサイクリンが有名)や過剰に摂取したフッ素などの影響。

④遺伝による黄ばみ
髪の毛や肌の色が人それぞれ異なるように、遺伝的に黄色っぽい歯の方がいます。

このページの先頭に戻る