自家歯牙移植/再植|小林歯科クリニック|大阪府、吹田市、江坂駅

EPARK

〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-39 SERE ESAKA 6

休診日水・日・祝

電話:06-6330-8469

休診日 午前診療:09:30~13:30午後診療:14:30~19:00(土曜日は18:00まで)

キービジュアル

【自家歯牙移植/再植】

治療前治療後

すぐに抜歯をして、
インプラントや入れ歯を選択するのではなく、
ご自身の歯を活かす手法。

  • 自家歯牙移植
  • 再植

どの医院でも対応できる治療ではありません。
まずはご相談ください。

どうしても「ご自身の歯」を残したい方へ

院長

虫歯や歯周病が過度に進行したり、事故や怪我などで歯が抜けた、もしくはグラグラしている場合、通常は抜歯を宣告され、その後はインプラントや入れ歯などの治療が行われます

しかし、上記以外にも「自家歯牙移植」「再植」と言われる方法があります。

詳細は後述しますが、すべてのケースで適応できるわけではなく、そして、技術力の要する治療となるため、どの医院でも行っているわけではありません

「ご自身の歯」を大切にしたい方は、まずはご相談ください。

「自家歯牙移植」とはどのような治療?

治療前治療後

治療前治療後

自家歯牙移植とは、「残念ながら抜歯の適用」になってしまった場合の治療法の1つになります。

  • インプラント
  • 入れ歯
  • ブリッジ
  • 自家歯牙移植

インプラントや入れ歯やブリッジは「人工物」を歯の代替として利用しますが、自家歯牙移植は「ご自身の歯(主に親知らず)」をドナーとして移植する方法です。

ご自身の歯を利用することの一番のメリット(自家歯牙移植のメリット)は、歯に存在している「歯根膜」と呼ばれる部位をそのまま利用できることです。インプラントなどの人工物にはこの歯根膜はありません。

歯根膜

歯根膜は次のような効果があります。

  • 食感を楽しめる
  • 噛む力を調整できる

つまり歯根膜は「センサー」の役割をします。

インプラントや入れ歯等にはこのような効用はありませんので、食事の楽しみが減少する他、どこまで噛めばいいかのセンサーが働かないため、噛みすぎて人工物が破損することもあります。

自家歯牙移植は、高度な技術を要するため、あまり普及していませんが、当院では多くの症例を行ってきています。また適応症例は限定されますが、興味をお持ちの方、一度ご相談ください。

「再植」とはどのような治療?

再植とは、治療対象の歯を一旦抜歯し、修復したうえで元に戻す治療となります。
抜歯することで360°全方向から状況を確認でき処置が可能になります。

この手法は様々なケースで応用できます。

  • 事故や怪我ではが抜けた割れた、もしくはぐらついている場合
  • 虫歯/歯周病が過度に進行し、そのままでの治療に限界がある場合
  • 根管治療

どれも通常は「抜歯→インプラントなど」を宣告されてしまうケースですが、再植を行うことでこれを回避できる可能性が出てきます。

下記の画像は当院で処置した歯牙再植術の症例です。

治療前治療後

このページの先頭に戻る