小林歯科クリニック症例集|小林歯科クリニック 大阪府 吹田市 豊中市 江坂駅

EPARK

〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-39 SERE ESAKA 6F

休診日水・日・祝

電話:0663308469

休診日午前診療:10:00~13:30午後診療:15:00~20:00(土曜日は18:00まで)

キービジュアル

マグネット義歯(磁石を利用した入れ歯 精密チタン床義歯) 吹田市 江坂

2012年12月10日

上顎の総入れ歯の症例です。

無口蓋の総入れ歯です。

通常のケースでは、下の写真の様に、

上顎全体を覆う様にします。

 

理由は、入れ歯が小さいと落ちてくるからです。

落ちてこないようにする為に、出来るだけ入れ歯を大きくし、

陰圧といって、入れ歯と歯茎の間に空気が入らないようにして、

ピタッとくっつかさせます。

歯茎の型をとった後に、

一旦保険適用の入れ歯と同じ様に、透明のプラスティックを用いて作成し、目に見える形で、

どこにも空気が入っていない事を確認してチタンを用いた金属床を完成させた様子です。

(※チタンは軽く、強度があり、薄くできますので違和感が少なく、非常に優れた材質です。)

 

しかし、

このケースでは、歯茎の土手が良い状態で残存し、

歯を作れる程ではありませんが、まだ使える根っこがありましたので、

抜歯をせずに、磁石を根っこに付けて、入れ歯の安定に利用しました。

 

入れ歯は、

プラスチィックだけでは、咬んでいる力によって、たわみ、破折して壊れる事がありますので、

内側は、チタンにて補強させて頂きました。

 

入れ歯も小さくなった分、違和感も減り、非常に楽で、

その上、入れ歯が動かなくなり、食べやすくなったとの事でした。

そして何よりも、お食事の際に、温度が直接粘膜に伝わりますので、

美味しくなったと喜んで頂きました。

あまりにも違和感がないので、

夜寝ている時も入れ歯を入れたままにされているようで、

歯茎が赤くなっております。

夜寝る時は、入れ歯を外して、歯茎を休ませてあげて下さいね。

 

 

このページの先頭に戻る