小林歯科クリニック症例集|小林歯科クリニック 大阪府 吹田市 豊中市 江坂駅

EPARK

〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-39 SERE ESAKA 6F

休診日水・日・祝

電話:0663308469

休診日午前診療:10:00~13:30午後診療:15:00~20:00(土曜日は18:00まで)

キービジュアル

計算し尽された「美」に辿りつくまでのストーリーVer.1

2013年04月17日

前歯の歯の隙間と歯並びが気になると来院されました。

もともとの歯のポジションが悪いため、

矯正治療も治療の選択肢である事を説明させて頂きましたが、

患者様の強い希望で、矯正治療ではなく、かぶせ物を利用した審美歯科治療で

審美的及び機能的な改善を目的とした治療をスタートしました。

 

「初診時」

真ん中の歯2本が、口唇の内側に隠れて、

向かって「右側」の歯2本が、口唇より外側に出ております。

 

「仮歯装着時」 (Provisional)

顔貌、口唇、性別、肌の色等、様々なガイドラインより判断して、

本番さながらの仮歯にて歯の形態を提案させて頂きました。

この時点で患者様の理想とされているイメージを再共有し、調整を行っていきます。

 

「最終形態」

審美治療では、顔貌に対してシンメトリー(対称性)が重要です。

もともとの真ん中の歯の間のライン(正中線)が、

顔貌の真ん中のラインとずれていたのを様々な工夫により改善しました。

 

 

次からは「歯茎のライン」の治療ストーリーをご紹介いたします。

歯茎のラインの修正が必須になる症例でしたので、

まず、模型上で設計図となるシュミレーションを行い、ファイナルの被せ物をイメージします。

治療のゴールである設計図を基に、逆算して歯周外科による歯茎のラインを改善させて頂きました。

 

術前では上の前歯2本の先端に少し小さな山がありますが、これは学童期の歯の特徴です。

歯は、機能している間に少しづつ形態が変化していきます。

セラミック治療によって、歯の形態をデザインできる事は、審美治療の大きなメリットです。

 

次からは、様々な角度でこの症例をご紹介いたします。

 

「限りなく天然歯に近づけた前歯の先端の透明感」

 

「右側:顔貌及び口唇」

 

「右側:歯」

 

「左側:歯」

 

 「唇」

 

白いだけが審美治療ではありません。

小林歯科クリニックでの審美治療は、顔貌、口唇、歯のバランス等、トータルでの調和を目指しております。

患者様には口元が上品になり、大変喜んで頂きました。

わずかながらでも、患者様の人生にプラスになれたかなと思うと、こちらまで嬉しくなりました。

 

追記

ファイナル(最終形態)の被せ物に対するイメージを歯科医師と歯科技工士が共有する事が、

クオリティーの高い治療を行う上で非常に大切である事を再認識した症例です。

 

デンタルバイオヴィジョン(歯科技工所)

http://www.dentalbiovision.jp/

 

歯科技工士の辻様には、

お忙しい中、幾度となく夜遅くまで、症例検討にお付き合い頂いた上、

細かい所までこだわった「イメージ」を「カタチ」にする事は非常に難しい一面がありますが、

さすが一流の歯科技工士ならでは、と痛感しました。

大変ありがとうございました。

 

審美治療(歯の白濁 ホワイトスポット)   豊中市 吹田市 江坂

2013年03月14日

歯の表面のエナメル質形成不全です。

 

白濁している所を削らせて頂き、

より天然歯の色調に近づけるために、

3つの層に分けて、ハイブリッドセラミック(強化プラスチック樹脂)で詰めております。

治療は1回のみで終了です。

大変喜んで頂きました。

ホワイトニング + オールセラミック(ジルコニア) 審美歯科  豊中市

2013年02月22日

右上の前歯の歯の色と、全体的に歯が黄色いのが、気になると来院されました。

外傷により神経の処置がなされ、歯の半分はプラスチックで詰めておられました。

神経の処置によって、歯は、黒く変色していきます。

プラスチックも、吸水性により、変色していきます。

このケースでは、

全体的な歯の色は、ホワイトニングによって白くさせて頂き、

黒くなった真ん中の歯は、

ホワイトニング後の色に合わせて、オールセラミック(ジルコニア)を被させて頂きました。

患者様は、非常に満足されました。

 

 

精密インプラント(サージガイド) + 審美歯科(セラミック) + 咬み合わせの改善   吹田市 江坂  豊中市

2013年02月18日

 

全体的に、歯がグラグラに揺れて、物もよく詰まり、ほとんど食べられない。

食べる事が大好きで楽しみなので、昔の様に、お肉でも何でも食べたいという事で、来院されました。

この様な状況になってしまったのは、

歯周病と咬み合わせが複雑に絡み合った問題がありましたので、

歯1本単位ではなく、

お口全体を一つの単位とした審美治療を兼ねた、理想的な咬み合わせの再構築を計画致しました。

 

入れ歯、ブリッジ、インプラントの利点、欠点を説明させて頂き、

患者様は、前歯はブリッジ、奥歯はインプラント治療を希望されました。

 

初診時から治療後の写真です。

「正面」

 

「上顎咬合面」

 

「左側」

 

 

「右側」

 

「下顎咬合面」

 

 

 

「治療の流れ」

 

まず治療としては、ゴールを設定させて頂く為に、

模型上で、設計図を作ります。(いわば、治療後の青写真)

家を建てるのと同じですね。

その設計図と同じ様に、

歯が入いる様に、そこから逆算しながら、治療を進めていきます。

 

「トップダウントリートメント」

 

① CT撮影用の歯です。(レントゲン造影剤入り)

上記の模型上でのデータを基に、ファイナルの歯を作ります。

 

② シュミレーションソフトでの仮想手術

 

骨の形態、厚み、深さからインプラントの直径や長さや入れる方向の

ベストなポジションを決定します。

実際の手術はたった1回のチャンスしかありませんが、

コンピュータ上なので、仮想手術が何度でも可能で、

もちろん医療事故もありませんね。

 

 

③ インプラントのベストポジションに入れる為の「サージガイド」(手術用)です。

丸い穴がインプラントの入る所です。

いくら術前にCTで診断したとしても、

術前のプラン通りに実際に行えるかどうかは、全く違う次元の事です。

特に骨の少ない場合は、インプラントの方向がずれてしまいます。

 

※サージガイド(手術用)のメリット

・骨の少ない難症例に対しても、骨増生の手術なしでも可能なケースが多い。

・手術時間の短縮

・患者様の身体的、経済的な負担の軽減

 

 

 

 

インプラントは、骨の中に入れて行くのですが、

一番シビアだったのが、左上の一番奥の歯です。

ちょうど、作りたい歯の下にわずかに骨がありましたので、

副鼻腔に骨増大術を併用せずに、既存の骨のある所に、ピンポイントでインプラントを入れました。

 

シュミレーション及びガイドがなければ、至難の業です。

勘や経験のみで手術を行うと、骨からはみ出してしまいます。

 

黄色い線の所に、うっすらと白く写っているのが、設計図の歯です。

上の写真は、シュミレーションの画像です。

下の写真は、術後のCT写真です。シュミレーション通りに入っております。

 

「シュミレーションソフトでの仮想手術」

 

「手術後」

手術の予定通り、インプラントが、骨にキレイに囲まれており、

咬みあわせる力に対しても、真っ直ぐに入っております。

 

今では、大好きな焼き肉も食べれるとのことで、

非常に喜んで頂けました。

 

歯周病治療+咬み合わせの治療(審美歯科)   豊中市

2013年02月9日

 

全体的に歯茎が腫れているのと、右下の被せ物が外れたと、来院されました。

まず、歯周病治療を行います。

特に、右下の犬歯の辺りに、黒くなった歯石(細菌の塊)が顕著に沈着しております。

この歯石が原因で歯茎が腫れておりますので、

歯茎の中まで、徹底的に除去させて頂きました。

右下の被せ物が外れた原因である咬み合わせの彎曲を整えて、

仮歯にて経過観察中です。

今後、患者様が気にされている審美性の追求として、

ホワイトニングを行い、術後の歯の色に合わせて、

奥歯と前歯の被せ物を治療予定です。

 

ジルコニア(差し歯治療・審美歯科治療) 吹田市

2012年12月23日

右上前歯に1本用の入れ歯が入っているのが、気になると来院されました。

取り外し式でなく、固定式であるジルコニアのブリッジにて、セラミック治療をさせて頂きました。

歯の形態は、歯の機能を支配するという考えから、

奥の方の歯は、

術前の状態に合わせても、形態は同じで、白くなるだけですので、

少しでも咬み易くなるように、

一旦上下とも仮歯に置き換えてから、

形態修正して、被させて頂きました。

 

ジルコニアブリッジ (セラミック差し歯治療)  江坂 吹田

2012年12月23日

 

 

左上の前歯が、前に出てきたのと、

右上の前歯が神経を以前にとって黒いのが気になるという事で来院されました。

左上の前歯の根っこが割れていた為、

残念ながら抜歯になりました。

出来るだけブリッジと分からず、あたかも歯が生えている様に見せる為に、

被せもので、歯茎の形態を調整して付与しました。

全然作りものとは分からないと、非常に満足されました。

精密インプラント+審美歯科 豊中市  吹田市 江坂

2012年12月23日

前歯に関しては、

唇からの歯の見え方、および歯の隙間が気になるとのことで、

矯正治療をお勧めましたが、患者様の強い希望によりセラミックによる審美治療になりました。

まず、模型上で最終のゴールの設定をします。

そこから逆算して、歯周外科手術を行い、歯茎のラインを整えました。

現在本番さながらの仮歯(provisional)を入れて、経過観察中です。

歯の形態を決定させる為に、患者様の持っておられるイメージや要望を取り入れながら、

顔貌や口唇のバランスを見ながら微調整を行っております。

その後ファイナルは、ジルコニア(オールセラミック)にて被せる予定です。

 

※もともと、正中(顔の真ん中のライン)と

一番前の歯の間のラインがずれていたのを合わせたり、

歯の形態を、光の反射を用たりと、仮歯でも細部に工夫をしております。

 

パノラマレントゲンで診断すると、
インプラントの埋入方向に、ちょうど神経の出口があります。(インプラント直下に黒い丸が見えている所です)

埋入方向が少しでもずれると、神経を切断したり損傷を起こしてしまいます。

真っ暗な骨の中を、経験と勘のみの手術では行えない、
CTだけではなく、シュミレーションが必須の症例です。

 

安全域である神経から3mm離して埋入しました。

パノラマレントゲンでは、神経の出口と重なって見えますが、
立体的には、問題はありません。

術前のシュミレーション通りに、手術が行えました。

(オレンジのラインが、神経及び血管です。)

現在は、問題なく被せ物が入っております。(左下)

 

 

 

 

 

ジルコニア(審美歯科治療) 右上4.5 豊中市

2012年12月15日

歯周病+ホワイトニング+ジルコニア(審美歯科治療) 江坂

2012年12月15日

全体的に歯茎から出血して腫れている感じがある事と、前歯の黒ずみと形が気になると来院されました。

全体的に歯周病の治療をさせて頂き、

特に、下顎の真ん中の赤く腫れていたのが、治療後はピンク色に健康になりました。

上顎の前歯は、ホワイトニング後に、オールセラミックのジルコニアにて審美治療させて頂きました。

歯の先の切端の透明感を、自然な感じに表現しております。

このページの先頭に戻る